コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

早速整爾 はやみ せいじ

2件 の用語解説(早速整爾の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

早速整爾 はやみ-せいじ

1868-1926 明治-大正時代の政治家。
明治元年10月2日生まれ。「芸備日日新聞」主筆から,広島市会議長などをへて,明治35年衆議院議員(当選8回,憲政会)。第2次加藤高明内閣の農相,第1次若槻(わかつき)内閣の農相,蔵相をつとめた。大正15年9月13日死去。59歳。安芸(あき)(広島県)出身。東京専門学校(現早大)卒。旧姓は中山。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

早速整爾

没年:大正15.9.13(1926)
生年:明治1.10.2(1868.11.15)
明治大正期の政党政治家。安芸国(広島県)沼田郡新荘村に武士中山源蔵,くまの子として生まれる。広島県広島中学校に入学したが,16歳で無断で上京,恩師田原栄の書生となって東京専門学校(早大)に入学し政治家を志す。在学中にすでに『芸備日報』(のち『芸備日日新聞』)に寄稿し,それが縁で明治22(1889)年同社に入社,社主早速家の養子となり,また主筆ともなり,同社の発展に尽くす。彼は「経済は政治なり」との信念で紙面においても派手な社会問題より地味な経済問題を重視し,自らも実業方面で活躍した。その後,広島県会議員,広島市会議員を経て35年衆院議員に無所属で当選,島田三郎や同県の花井卓蔵らと政界革新同志会を組織するなど急進派として活動する。大正5(1916)年衆院副議長に当選,6年憲政会に入党,14年農林大臣,15年大蔵大臣となる。放蕩な青年時代であったが,その後の努力と友誼に厚い性格で大臣にまでなった。<参考文献>湊邦三『早速整爾伝』

(季武嘉也)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

早速整爾の関連キーワード関直彦川崎卓吉政党政治大正デモクラシー東広島小田貫一島田俊雄武田信時宮原幸三郎川人貞史

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone