コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

昇圧剤 しょうあつざいvasopressor drugs

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

昇圧剤
しょうあつざい
vasopressor drugs

血圧を上昇させるために用いる薬剤。交感神経作動性薬剤で,アルファ作用剤とも呼ばれる。ノルアドレナリン,シネフィリン,フェニレフリン,メトキサミン,メフェンテルミンなどがある。これらはショックなどの場合に用いられ,主として末梢血管収縮作用によって血圧を上昇させる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しょうあつ‐ざい【昇圧剤】

血圧を上げる薬。著しい血圧の低下時などに用いられる。昇圧薬

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうあつざい【昇圧剤】

血圧を上げる薬。ショックや手術時の異常な血圧低下の際などに用いられる。交感神経興奮薬の一種。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

昇圧剤の関連キーワード起立性調節障害交感神経興奮薬立ちくらみ血圧低下低血圧症気つけ薬延命治療敗血症一種昇圧

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

昇圧剤の関連情報