昇圧剤(読み)しょうあつざい(英語表記)vasopressor drugs

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

昇圧剤
しょうあつざい
vasopressor drugs

血圧を上昇させるために用いる薬剤。交感神経作動性薬剤で,アルファ作用剤とも呼ばれる。ノルアドレナリン,シネフィリン,フェニレフリン,メトキサミン,メフェンテルミンなどがある。これらはショックなどの場合に用いられ,主として末梢血管収縮作用によって血圧を上昇させる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

しょうあつざい【昇圧剤】

血圧を上げる薬。ショックや手術時の異常な血圧低下の際などに用いられる。交感神経興奮薬の一種。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

昇圧剤の関連情報