コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明けの明星 あけのみょうじょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

明けの明星
あけのみょうじょう

西方最大離角前後にある金星別称。1会合周期 (583.9日) ごとに数週間にわたって,日の出前の東の空に輝いて見える。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

あけ‐の‐みょうじょう〔‐ミヤウジヤウ〕【明けの明星】

明け方に東の空に輝く金星。⇔宵の明星

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あけのみょうじょう【明けの明星】

明け方、東の空に見える金星。夜明けの明星。あかぼし。 ↔ 宵の明星

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

明けの明星の関連キーワードヨハネの黙示録夜明けの明星ルキフェルルチフェルルシフェルバンデイラポーニー族明星・赤星かわたれ星あかつき加來知恵等値概念あかぼしクリプキ明け方同一性エオス長庚の一つ星誰時星

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

明けの明星の関連情報