コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明地峠 あけちとうげ

2件 の用語解説(明地峠の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

明地峠
あけちとうげ

明智峠とも書き,明地乢 (だわ) ともいう。鳥取県南西部,日野町と岡山県新見市の県境にある峠。標高 755m。北流する日野川支流と南流する高梁川分水嶺をなす。付近ではかつてたたら製鉄が栄え,和牛の産地であった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

明地峠
あけちとうげ

岡山県新見(にいみ)市千屋花見(ちやはなみ)から鳥取県日野郡日野町秋縄(あきつな)に通じる峠。「あけちだわ」ともいう。標高755メートル。古来大山(だいせん)道として利用され、第二次世界大戦後に国道180号となったが、1974年(昭和49)峠に1130メートルの明地トンネルが開通し、面目を一新した。地元では明智峠と記す。雲海の名所として知られ、標高650メートルの地点に展望台がある。[由比浜省吾]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

明地峠の関連キーワード明智破手食料盤台かまみっともい・い馴化愛知県一宮市明地三平峠斜子織

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

明地峠の関連情報