コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明実 みょうじつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

明実 みょうじつ

1028-1093 平安時代中期-後期の僧。
長元元年生まれ。天台宗。肥前守藤原通範の子。比叡(ひえい)山にのぼり,永保元年法勝寺大乗会の講師,翌年律師。毎日文殊菩薩(ぼさつ)の図像9体をえがいて供養し,寛治(かんじ)7年7月13日文殊像に対座して死去。66歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

明実の関連キーワードバーンズ ウォーリス西域(せいいき)後三年合戦絵巻国際照明委員会茂木 啓三郎三田村 泰助ホーソン実験沖縄(県)人間関係論安井 正義小林明実先使用権松島明実クレッグ明実録分子線水口藩朝鮮照明琉球

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

明実の関連情報