コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明実 みょうじつ

1件 の用語解説(明実の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

明実 みょうじつ

1028-1093 平安時代中期-後期の僧。
長元元年生まれ。天台宗。肥前守藤原通範の子。比叡(ひえい)山にのぼり,永保元年法勝寺大乗会の講師,翌年律師。毎日文殊菩薩(ぼさつ)の図像9体をえがいて供養し,寛治(かんじ)7年7月13日文殊像に対座して死去。66歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

明実の関連キーワード長元遺留分平忠常の乱グローバル生産寿老人道の駅アンセルムスウルバヌス[2世]永超教懐

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

明実の関連情報