コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長元 チョウゲン

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長元 ちょうげん

?-? 織豊時代の陶工。
天正(てんしょう)(1573-92)ごろの備前焼の作者で,窯印は松葉印。名は正玄(しょうげん)とも。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょうげん【長元】

年号(1028.7.25~1037.4.21)。万寿の後、長暦の前。後一条・後朱雀ごすざく天皇の代。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の元号がわかる事典の解説

ちょうげん【長元】

日本の元号(年号)。平安時代の1028年から1037年まで、後一条(ごいちじょう)天皇、後朱雀(ごすざく)天皇の代の元号。前元号は万寿(まんじゅ)。次元号は長暦(ちょうりゃく)。1028年(万寿5)7月25日改元。疫病、炎旱の天変地異を断ち切るために行われた(災異改元)。『太公六韜(たいこうりくとう)』を出典とする命名。藤原頼通(よりみち)による摂関政治が行われていた。1028年(長元1)、前上総介の平忠常(ただつね)が下総国で反乱を起こし、安房国府を襲い国守・平惟忠(これただ)を殺害、乱は房総3国(安房、上総、下総)に広がった。朝廷は源頼信(よりのぶ)に討伐を命じ、1031年(長元4)の忠常の降伏で、乱は終息した(平忠常の乱)。1036年(長元9)には後一条天皇が崩御し、弟の後朱雀天皇が即位した。

出典|講談社日本の元号がわかる事典について | 情報

長元の関連キーワード栄花(華)物語良子内親王娟子内親王選子内親王良円(1)長谷部永盛高辻是綱織田信門藤原威子藤原頼通黒田長義織田信民菅原孝標山内豊福黒田長徳藤原諟子敦儀親王昭登親王藤原豊子平賀元義

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

長元の関連情報