長元(読み)チョウゲン

大辞林 第三版の解説

ちょうげん【長元】

年号(1028.7.25~1037.4.21)。万寿の後、長暦の前。後一条・後朱雀ごすざく天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

ちょうげん【長元】

日本の元号(年号)。平安時代の1028年から1037年まで、後一条(ごいちじょう)天皇、後朱雀(ごすざく)天皇の代の元号。前元号は万寿(まんじゅ)。次元号は長暦(ちょうりゃく)。1028年(万寿5)7月25日改元。疫病、炎旱の天変地異を断ち切るために行われた(災異改元)。『太公六韜(たいこうりくとう)』を出典とする命名。藤原頼通(よりみち)による摂関政治が行われていた。1028年(長元1)、前上総介の平忠常(ただつね)が下総国で反乱を起こし、安房国府を襲い国守・平惟忠(これただ)を殺害、乱は房総3国(安房、上総、下総)に広がった。朝廷は源頼信(よりのぶ)に討伐を命じ、1031年(長元4)の忠常の降伏で、乱は終息した(平忠常の乱)。1036年(長元9)には後一条天皇が崩御し、弟の後朱雀天皇が即位した。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

長元の関連情報