コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明石海人 あかし かいじん

1件 の用語解説(明石海人の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

明石海人 あかし-かいじん

1901-1939 昭和時代前期の歌人。
明治34年7月5日生まれ。大正12年結婚,2女をもうける。昭和3年ハンセン病と診断され,岡山県の長島愛生園で療養生活をおくる。13年闘病の歌が「新万葉集」に収録され,14年刊行の歌集「白描」も絶賛されたが,同年6月9日死去。39歳。静岡県出身。
【格言など】命はも淋しかりけり現(うつ)しくは見がてぬ妻と夢にあらそふ(「白描」)

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

明石海人の関連キーワード恐怖映画日活(株)緑簾石角閃岩相DA40電気事業正岡子規源氏物語アップルトンイシャウッド九州大学

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

明石海人の関連情報