明石海人(読み)あかし かいじん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

明石海人 あかし-かいじん

1901-1939 昭和時代前期の歌人。
明治34年7月5日生まれ。大正12年結婚,2女をもうける。昭和3年ハンセン病と診断され,岡山県の長島愛生園で療養生活をおくる。13年闘病の歌が「新万葉集」に収録され,14年刊行の歌集「白描」も絶賛されたが,同年6月9日死去。39歳。静岡県出身。
【格言など】命はも淋しかりけり現(うつ)しくは見がてぬ妻と夢にあらそふ(「白描」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android