コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

昏絶 コンゼツ

デジタル大辞泉の解説

こん‐ぜつ【×昏絶】

[名](スル)目がくらみ一時的に意識を失うこと。気絶。絶息。
「蘇武は半日―したのちにまた息を吹返した」〈中島敦李陵

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こんぜつ【昏絶】

( 名 ) スル
目がくらんで気絶すること。 「三君共に死人の如く-し/浮城物語 竜渓

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

昏絶の関連キーワード今・困・坤・墾・婚・建・恨・懇・昆・昏・根・梱・混・渾・痕・紺・褌・金・魂絶息

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android