コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

星の進化 ほしのしんか stellar evolution

2件 の用語解説(星の進化の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

星の進化
ほしのしんか
stellar evolution

星の誕生から死に至るまでの変化の過程。星間雲が何らかのきっかけで収縮を始めて原始星となる。その後も星は収縮を続けるが,そのうち中心部で水素の核融合が始まりエネルギーを供給し始めると,大きさも明るさも一定した主系列の時代を迎える。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

星の進化

星(恒星)が生まれてから死ぬまでにたどるプロセス。星は星間ガス重力収縮によって原始星として誕生する。収縮が進んで中心部の温度が1000万K(ケルビン)以上になると水素の核融合反応が始まり、主系列星になる。中心部の水素が消費されると、中心部は収縮し、外層は膨張する。その結果、表面の温度が下がり、HR図上、主系列を離れ急速に赤色巨星へ向かう。星の末期の進化は質量によって異なるが、太陽質量の3倍以下の星は、最後に外層のガスを放出して惑星状星雲を作り、白色矮星になる。質量の大きな星は、進化が進むとヘリウムより重い元素の核融合反応が次々と起こり、鉄までの様々な元素が合成され、最後は超新星爆発を起こして、一生を終わる。この時の高温・高圧環境で鉄より重い元素が合成され、太陽質量の3〜8倍の星は何も残さず飛散してしまうが、8〜30倍の星は中心に中性子星、30倍以上の星はブラックホールを残す。

(土佐誠 東北大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

星の進化の関連キーワード生活史一期一代一生たどろたどろ本有生まれ落ち魂極るナポリを見てから死ね揺り籃から墓場まで

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

星の進化の関連情報