コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

星の進化 ほしのしんかstellar evolution

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

星の進化
ほしのしんか
stellar evolution

星の誕生から死に至るまでの変化の過程。星間雲が何らかのきっかけで収縮を始めて原始となる。その後も星は収縮を続けるが,そのうち中心部水素核融合が始まりエネルギーを供給し始めると,大きさも明るさも一定した主系列の時代を迎える。星の寿命の 90%ほどを主系列星として過ごした後,中心部の水素を燃やし尽くした星は赤色巨星へと進化する。その後,質量の小さいものは白色矮星になり,大きいものは超新星爆発を起こす。超新星爆発の後には中性子星 (パルサー) やブラックホールが残されることもある。星はその進化とともに,内部でヘリウムよりも重い元素をつくり出す元素製造機である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

知恵蔵の解説

星の進化

星(恒星)が生まれてから死ぬまでにたどるプロセス。星は星間ガス重力収縮によって原始星として誕生する。収縮が進んで中心部の温度が1000万K(ケルビン)以上になると水素の核融合反応が始まり、主系列星になる。中心部の水素が消費されると、中心部は収縮し、外層は膨張する。その結果、表面の温度が下がり、HR図上、主系列を離れ急速に赤色巨星へ向かう。星の末期の進化は質量によって異なるが、太陽質量の3倍以下の星は、最後に外層のガスを放出して惑星状星雲を作り、白色矮星になる。質量の大きな星は、進化が進むとヘリウムより重い元素の核融合反応が次々と起こり、鉄までの様々な元素が合成され、最後は超新星爆発を起こして、一生を終わる。この時の高温・高圧環境で鉄より重い元素が合成され、太陽質量の3〜8倍の星は何も残さず飛散してしまうが、8〜30倍の星は中心に中性子星、30倍以上の星はブラックホールを残す。

(土佐誠 東北大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

星の進化の関連キーワードシェーンベルク‐チャンドラセカールの限界質量ボリス ヴォロンツォフ・ヴェリヤミノフS. チャンドラセカールニュートリノ天文学ウォルフ=ライエ星宇宙ニュートリノケルヴィン収縮シュトルーベB2FH理論ワイスコップX線天文学天体物理学THO理論杉本大一郎ファウラー恒星天文学土星状星雲元素の起源暗黒星雲恒星進化

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

星の進化の関連情報