コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

星克 ほし かつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

星克 ほし-かつ

1905-1977 昭和時代後期の政治家,詩人。
明治38年4月9日生まれ。沖縄県大浜町長などをへて,昭和29年立法院議員となる。琉球民主党政調会長,立法院最後の議長,本土復帰にともなう「みなす県議会」の議長をつとめた。沖縄の大衆歌「安里屋(あさどや)ユンタ」の作詞者としても知られる。昭和52年5月25日死去。72歳。沖縄県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

星克の関連キーワード日露戦争史(年表)[各個指定]工芸技術部門ロシア革命寺山修司ゴーリキー(Maksim Gor'kiy)[各個指定]芸能部門オガデン戦争安野光雅金壽根ビオラ(Bill Viola)

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

星克の関連情報