コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

星合八碩 ほしあい はっせき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

星合八碩 ほしあい-はっせき

1666-1692 江戸時代前期の囲碁棋士。
寛文6年生まれ。8歳で4世本因坊道策(ほんいんぼう-どうさく)のもとに入門,天和(てんな)2年17歳で御城碁をつとめ2世林門入(もんにゅう)に勝った。6段だったが上手(じょうず)(7段)の碁といわれた。のち帰郷し伊勢(いせ)津藩主藤堂家のお抱え棋士となった。元禄(げんろく)5年1月死去。27歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

星合八碩の関連キーワード怪談(妖怪や幽霊にかかわる話)ドライデンニュートン(Sir Isaac Newton)クラッセクラッセ青海島鯨墓エルンスト・アウグストケンペル当道座ハメル