星恂太郎(読み)ほし じゅんたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

星恂太郎 ほし-じゅんたろう

1840-1876 幕末の武士。
天保(てんぽう)11年10月4日生まれ。陸奥(むつ)仙台藩士。攘夷(じょうい)説からのち開国説にかたむき,横浜で洋式兵学をおさめる。戊辰(ぼしん)戦争で帰藩,洋式軍隊額兵隊を組織して隊長となる。仙台藩降伏後も,榎本武揚(えのもと-たけあき)の軍にはいり,五稜郭(ごりょうかく)陥落までたたかった。明治9年7月27日死去。37歳。名は忠狂。号は楽斎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android