星散(読み)セイサン

デジタル大辞泉の解説

せい‐さん【星散】

[名](スル)星が大空に散らばっていること。転じて、物があちこちに散らばっていること。
「土地の―する者は」〈公議所日誌一二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せいさん【星散】

( 名 ) スル
星が空に散らばっていること。転じて、物があちこちに分散すること。 「妓楼追々所々に-し弊害不すくなからざる旨/新聞雑誌 12

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せい‐さん【星散】

〘名〙 星が大空にまいたように散らばっていること。転じて、あちこちに散らばること。
※新論(1825)守禦「今無行之民、帯長刀銃鎗、烏聚星散、飲博劫盗、以賊害良民者」 〔蜀志‐主平伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android