コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

劉基 りゅうき Liu Ji

3件 の用語解説(劉基の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

劉基
りゅうき
Liu Ji

[生]至大4(1311)
[没]洪武8(1375)
中国,元末明初の文学者,政治家。青田 (浙江省) の人。字,伯温。至順4 (1333) 年進士に及第,初め元に仕えたが,のち朱元璋 (のちの洪武帝) のもとに投じ,明の建国に大きな功績をあげた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

りゅうき【劉基 Liú Jī】

1311‐75
中国,元末・明初の学者,政治家。字は伯温。青田(浙江省)の人。元末進士に合格し,江西・浙江両省で地方官となり,その方面の反乱の鎮定に功をたてた。やがて金陵(南京)に走って朱元璋(明の洪武帝)にまみえ,時務18事をのべてから認められ,その天下統一の業を助けて軍機に参画し,陳友諒(ちんゆうりよう)・張士誠の平定に功績があった。明朝成立後も種々重要な政治上の助言を行って大典制度の起草に任じ,太史令から弘文館学士にすすみ誠意伯に封ぜられ,開国期の文臣として宋濂(そうれん)と併称される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

劉基
りゅうき
(1311―1375)

中国、元(げん)末明(みん)初の学者、明朝開国の功臣。青田(浙江(せっこう)省)の人。字(あざな)は伯温。1333年の進士。初め元の地方官として治績をあげたが、のち朱元璋(しゅげんしょう)(明の太祖)に招かれ、謀臣として天下統一の事業を助けた。明朝成立後も宋濂(そうれん)とともに、制度、文物を整えるのに重要な役割を果たし、誠意(せいい)伯に封じられた。天文、兵法、数理に通じ、詩文にも優れ太祖の信任も厚かったが、胡惟庸(こいよう)に毒殺されたともいう。[谷口規矩雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

劉基の関連キーワード宋濂王蒙倪瓚高啓陶宗儀楊維楨王紱徐賁沈万三楚石梵琦

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone