コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

春庭見芳 しゅんてい けんぽう

1件 の用語解説(春庭見芳の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

春庭見芳 しゅんてい-けんぽう

1370-1440 室町時代の僧。
応安3=建徳元年生まれ。曹洞(そうとう)宗。越前(えちぜん)(福井県)竜泉寺不見明見(ふけん-みょうけん)の法をつぐ。播磨(はりま)(兵庫県)に慶徳寺をひらき,ついで丹波永沢(ようたく)寺(兵庫県),能登(のと)(石川県)総持寺,越前竜泉寺,興禅寺の住持となる。後花園天皇の帰依(きえ)をうけた。永享12年1月8日死去。71歳。摂津多田(兵庫県)出身。俗姓は源(みなもと)。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

春庭見芳の関連キーワード応安順帝建徳兪良甫アステカ文化油絵武田信栄土岐持頼動作強度高尾山トンネルをめぐる土地収用

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone