コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

春庭見芳 しゅんてい けんぽう

1件 の用語解説(春庭見芳の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

春庭見芳 しゅんてい-けんぽう

1370-1440 室町時代の僧。
応安3=建徳元年生まれ。曹洞(そうとう)宗。越前(えちぜん)(福井県)竜泉寺不見明見(ふけん-みょうけん)の法をつぐ。播磨(はりま)(兵庫県)に慶徳寺をひらき,ついで丹波永沢(ようたく)寺(兵庫県),能登(のと)(石川県)総持寺,越前竜泉寺,興禅寺の住持となる。後花園天皇の帰依(きえ)をうけた。永享12年1月8日死去。71歳。摂津多田(兵庫県)出身。俗姓は源(みなもと)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

春庭見芳の関連キーワード真阿応安意雲尭誉豪尊篠井全及重阿浄耀宗観(1)梵阿