コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

春日氏 かすがうじ

世界大百科事典 第2版の解説

かすがうじ【春日氏】

古代の豪族。大春日氏とも称した。和珥(わに)氏の同族。《古事記》の氏族系譜では孝昭天皇の皇子天押帯日子(あめのおしたらしひこ)命を始祖とする。春日和珥臣,春日粟田臣,春日小野臣の複姓があり和珥氏同族の本宗であったらしい。姓(かばね)は八色(やくさ)の姓により臣から朝臣となった。奈良盆地の東北部,大和国添上郡春日郷を中心に分布し,《新撰姓氏録》にはその家が富豪で,酒かすを積んで堵(かき)としたので仁徳天皇が〈糟垣臣〉と名づけたとある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

春日氏
かすがうじ

大和(やまと)国添上(そうのかみ)郡春日郷(奈良市春日野町白毫寺(びゃくごうじ)町周辺)を拠点とした古代の雄族。姓(かばね)は初め臣(おみ)で、天武(てんむ)朝に朝臣(あそみ)に改姓した。5~6世紀に多くの后妃を輩出した和珥(わに)氏の同族で、添上郡和爾(わに)(天理市)から春日の地へ本拠を移したことにより、6世紀以降和珥氏の本宗が春日と氏名を改めたのであろう。のちに大春日臣(おおかすがのおみ)(朝臣)とも称した。春日氏とその同族は孝昭(こうしょう)天皇皇子天足彦国押人命(あめたらしひこくにおしひとのみこと)(天押帯日子命(あめおしたらしひこのみこと))を祖とし、その勢力圏は大和北東部から広く山背(やましろ)(京都府)・近江(おうみ)(滋賀県)にも及んだが、葛城(かずらき)氏や蘇我(そが)氏のような外戚(がいせき)氏族とは異なり、大和王権の政治的権力者として栄えた形跡は認められない。[加藤謙吉]
『岸俊男著『日本古代政治史研究』(1966・塙書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の春日氏の言及

【和珥氏】より

…これに対応する《古事記》の天押帯日子(あめのおしたらしひこ)命は春日臣,大宅臣,粟田臣,小野臣,柿本臣らの祖と記している。春日大宅臣,春日小野臣などの複姓の存在からも,6世紀の欽明朝ごろから,和珥氏の本宗が春日氏を称するようになり,さらに大宅,粟田,小野などに分枝したと推定される。本拠は現在の天理市櫟本(いちのもと)町,和邇町周辺とされるが,そこから北さらに西にかけて柿本,小野,大宅,春日の同族,および丸部の分布が認められるので,奈良盆地東北部一帯に勢力を有したとみられる。…

※「春日氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

春日氏の関連キーワード奈良(市)春日倉老春日信映小野妹子小野氏

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android