コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和珥氏 わにうじ

2件 の用語解説(和珥氏の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

わにうじ【和珥氏】

日本古代の豪族。丸邇,和邇,丸などとも記す。5,6世紀代の大王(天皇)家と姻戚関係を結び,多くの后妃を出した大和の臣(おみ)姓有力豪族。記紀によれば,綏靖,孝霊,開化,応神,反正,雄略,仁賢,武烈,安閑,欽明,敏達の各天皇の后妃に,和珥氏系出身の女性,またはその后妃が生んだ皇女(例えば安閑皇后の春日山田皇女)がなっており,この点で同様の臣姓豪族である葛城氏,蘇我氏よりもさらに多くの后妃を出している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

和珥氏
わにうじ

日本古代の豪族名。丸邇、和邇、丸などとも書く。4世紀から6世紀にかけて奈良盆地北東部一帯(旧大和(やまと)国添上(そうのかみ)、添下(そうのしも)両郡)に勢力をもった臣(おみ)姓有力豪族で、部曲(かきべ)は大和、山城(やましろ)、近江(おうみ)諸国から中部・中国地方にかけて分布する丸部(和邇部)がある。大和国家成立期には葛城(かずらき)氏などとともに重要な役割を果たしたと思われるが、崇神(すじん)朝に建波爾安(たけはにやす)王、仲哀(ちゅうあい)朝に忍熊(おしくま)王を討伐したという伝承以外には明確な説話伝承が少ない。始祖は孝昭(こうしょう)天皇の皇子天足彦国押人命(あめのたらしひこくにおしひとのみこと)(天押帯日子(あめのおしたらしひこ)命)とされ、欽明(きんめい)朝ころには春日山麓(かすがさんろく)に本拠を移し(分住したともいわれる)、春日氏を称する一族を筆頭に、大宅(おおやけ)、粟田(あわた)、小野、柿本(かきのもと)などの諸氏に分枝・分住した。5、6世紀に大王(天皇)家の后妃(こうひ)となった者は、後の蘇我(そが)氏と並び最多を数え、応神(おうじん)、反正(はんぜい)、雄略(ゆうりゃく)、仁賢(にんけん)、継体(けいたい)、欽明、敏達(びだつ)などの后妃となっている。本拠地は天理市和爾町、櫟本(いちのもと)町付近。式内社和爾坐赤坂比古(わにいますあかさかひこ)神社、和爾下(した)神社を奉斎した一族と考えられており、後漢(ごかん)中平年間(184~189)の紀年銘をもつ鉄刀を出土した東大寺山古墳を含む櫟本古墳群はこの一族の墓所と推定され、奈良市佐紀盾列(さきたたなみ)古墳群も関係があるのではないかといわれる。系図として「和珥氏系図」(駿河浅間神社旧蔵)がある。[弓野正武]
『岸俊男著『日本古代政治史研究』(1966・塙書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の和珥氏の言及

【菟道稚郎子】より

…応神天皇の太子。母は和珥(わに)氏の宮主宅媛(やかひめ)(《古事記》では矢河枝比売(やかわえひめ))。天皇の死後,儒教思想によって兄の仁徳天皇に位を譲り死ぬ。…

※「和珥氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

和珥氏の関連キーワード部曲豪族水軍朝廷青木和夫弥永貞三笹山晴生直木孝次郎早川庄八吉田晶

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone