春枝王(読み)はるえおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

春枝王 はるえおう

798-856 平安時代前期の官吏。
延暦(えんりゃく)17年生まれ。高市(たけちの)皇子の子孫仲嗣王の8男。嵯峨(さが)天皇にみとめられ,承和(じょうわ)10年能登守(のとのかみ)となり,定額(じょうがく)寺の大興寺を能登国分寺とした。のち中務少輔(なかつかさのしょう),下総(しもうさの)守など。斉衡(さいこう)3年9月13日死去。59歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android