コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

春枝王 はるえおう

1件 の用語解説(春枝王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

春枝王 はるえおう

798-856 平安時代前期の官吏。
延暦(えんりゃく)17年生まれ。高市(たけちの)皇子の子孫仲嗣王の8男。嵯峨(さが)天皇にみとめられ,承和(じょうわ)10年能登守(のとのかみ)となり,定額(じょうがく)寺の大興寺を能登国分寺とした。のち中務少輔(なかつかさのしょう),下総(しもうさの)守など。斉衡(さいこう)3年9月13日死去。59歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

春枝王の関連キーワード朝右王海部男種麻呂大伴乎智人紀東人貞江継人讃岐永成讃岐当世平安典橘貞雄山田古嗣

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone