コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

春柳 ハルヤナギ

デジタル大辞泉の解説

はる‐やなぎ【春柳】

[名]春、芽を出し始めたころの柳。
[枕]芽を出し始めた柳の枝をかずらに挿す意から、「かづら」「葛城山(かづらきやま)」にかかる。
「―縵(かづら)に折りし梅の花」〈・八四〇〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はるやなぎ【春柳】

( 枕詞 )
春の柳を折って鬘かずらとしたので「かずら」、また同音の地名「葛城かずらき山」にかかる。 「 -縵かずらに折りし梅の花/万葉集 840

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

春柳 (シュンリュウ)

植物。ギョリュウ科の落葉小高木,園芸植物。ギョリュウの別称

春柳 (ハルヤナギ)

植物。新緑の柳、または、大豆の栽培品種アオヤギの別称

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

春柳の関連キーワード中国演劇欧陽予倩ヤナギ梅の花葛城山話劇序詞

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

春柳の関連情報