春柳(読み)ハルヤナギ

デジタル大辞泉の解説

はる‐やなぎ【春柳】

[名]春、芽を出し始めたころの柳。
[枕]芽を出し始めた柳の枝をかずらに挿す意から、「かづら」「葛城山(かづらきやま)」にかかる。
「―縵(かづら)に折りし梅の花」〈・八四〇〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はるやなぎ【春柳】

( 枕詞 )
春の柳を折って鬘かずらとしたので「かずら」、また同音の地名「葛城かずらき山」にかかる。 「 -縵かずらに折りし梅の花/万葉集 840

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

はる‐やなぎ【春柳】

[1] 〘名〙 春、芽を出しはじめた頃の柳。《季・春》
※拾遺愚草員外(1240頃)「谷の松おのが千とせに春やなきふかきみどりのしらぬひとしほ」
[2] 芽の出はじめた柳の枝をかずら(鬘)にするところから、「かづら」や同音を含む地名「葛城(かづらき)」にかかる。
※万葉(8C後)一一・二四五三「春楊(はるやなぎ)葛城山に立つ雲の立ちても居ても妹(いも)をしそ思ふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android