コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

春窮 しゅんきゅうch'ungung

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

春窮
しゅんきゅう
ch'ungung

朝鮮で,農民春季の食糧端境期に食糧に窮し,山野草根木皮を食べて延命した状態をいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しゅん‐きゅう【春窮】

晩春、麦の収穫期前に米などが不足すること。春の端境期。 春》「―のあまり剃刀研ぎにけり/桂郎」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅんきゅう【春窮】

晩春になって、米穀などの主食品が不足してくること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

春窮の関連キーワード農村振興運動韓国晩春米穀朝鮮

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android