コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石川桂郎 いしかわ けいろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石川桂郎 いしかわ-けいろう

1909-1975 昭和時代の俳人,小説家。
明治42年8月6日生まれ。家業の理髪業をつぐ。昭和12年石田波郷らの「鶴」に投稿をはじめ,横光利一に師事した。戦後「俳句研究」「俳句」の編集長をつとめ,「風土」を主宰。36年第1回俳人協会賞,50年蛇笏(だこつ)賞。昭和50年11月6日死去。66歳。東京出身。本名は一雄。句集に「含羞(がんしゅう)」,小説に「剃刀(かみそり)日記」など。
【格言など】柚子(ゆず)釜の香をありありと病臥(びょうが)かな(「四温」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

石川桂郎の関連キーワード黒人問題三東ルシア採石業EA-71世界女性会議伊藤博文スバルレオポルド2世中南米映画木村伊兵衛写真賞

石川桂郎の関連情報