春道列樹(読み)はるみちの つらき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

春道列樹 はるみちの-つらき

?-920 平安時代中期の歌人。
物部氏の支族。文章生(もんじょうしょう)。のち大宰大典から壱岐守(いきのかみ)となったが,延喜(えんぎ)20年赴任前に没した。和歌は「古今和歌集」に3首あり,そのうちの1首は「小倉百人一首」にもとられている。
【格言など】山川に風のかけたるしがらみはれもあへぬ紅葉なりけり(「小倉百人一首」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はるみちのつらき【春道列樹】

?~920) 平安前期の歌人。新名の子。文章生。壱岐守となるが赴任前に没。古今和歌集撰者時代の作風の歌を残す。古今和歌集以下の勅撰集に五首入集。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android