海淵(読み)かいえん(英語表記)oceanic deep

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

海淵
かいえん
oceanic deep

海溝など,海底の凹所のなかでも,周辺の測深によりはっきりした特に深い小区域をさす。一般に水深 6000m以上に限って用いられたが,現在ではこの用語の使用は好ましくないとされている。普通海の名称は,測深を行なった船の名を付する (例:ラマポ海淵チャレンジャー海淵) 。現在まで報告された世界の最深部は,マリアナ海溝のチャレンジャー海淵 (水深1万 920m) である。海淵名は必ずしも固有名ではなく,ある海淵名が,他のいくつかの海溝にも存在する場合もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

海淵【かいえん】

深海底の6000mを超える比較的小さな凹所。普通海溝の特に深い部分で,詳しい測深により形態が明らかにされたものをいう。発見し,測深した観測船の名をつけて呼ぶのが普通。ビーチャジ海淵チャレンジャー海淵など。音響測深によって海溝は細長い溝であることがわかり,地点ごとの深さの比較はほとんど学問的意味を失い,海洋学では海淵という語は用いられなくなった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

海淵
かいえん
deep

海溝のなかでもとくに深い部分。音響測深機の発達する以前には、海溝の形状や広さを精確に知ることは困難であった。たまたま海溝部でいちばん深そうな所を探り当てると、その発見した船の名を冠してよぶのが一般的であった。1927年にドイツの巡洋艦エムデンにより、ミンダナオ島東方で発見された1万0400メートルのエムデン海淵は有名である。国際的に海底地形用語の統一を図っている委員会の68年の報告から、海淵の語は消された。[安井 正]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の海淵の言及

【海溝】より

…一方,明らかに沈み込みによって生じた地形でも最深部の水深が6000m以浅の時は海溝とよばず,トラフtroughとして一括する習慣である(例えば南海トラフ,駿河トラフ)。 測鉛による測深を行っていた時代には,たまたま見つけた海溝内の深部に,海淵(かいえん)deepと名づけ,チャレンジャー海淵などの固有名詞を用いたこともあった。しかし,音響測深の普及とともに,海溝は細長い溝であることがはっきりしたので,一点一点の深さ比べは,ほとんど学問的な意味を失い,海淵という語もほとんど使われなくなった。…

※「海淵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報