コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

春陽堂書店 しゅんようどうしょてん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

春陽堂書店
しゅんようどうしょてん

1878年に和田篤太郎が創立した出版社。絵双紙類の出版から始めて次第に文芸書中心に移行し,特に明治後期には硯友社の作家がこぞって執筆した文芸雑誌『新小説』を擁して,出版界の一方の雄と目された。 1931年からは「春陽堂文庫」の出版を開始した。資本金 1500万円,従業員数 10名 (1998) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の春陽堂書店の言及

【春陽堂】より

…和田篤太郎(1857‐99)によって1878年に創業された出版社。現在の社名は春陽堂書店。初め草双紙や絵草紙などの販売をしていたが,82年ころから草双紙などの出版を開始した。…

※「春陽堂書店」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

春陽堂書店の関連キーワード層雲(俳句雑誌)江戸川乱歩文庫種田 山頭火モーパッサン大高坂芝山山手樹一郎春陽文庫山口誓子沢木欣一金子兜太河野一郎大塚敬節春陽堂見世物若者組長塚節李時珍也有

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android