コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

昭訓門院春日 しょうくんもんいんの かすが

1件 の用語解説(昭訓門院春日の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

昭訓門院春日 しょうくんもんいんの-かすが

?-? 鎌倉-南北朝時代の歌人。
二条為世(1250-1338)の娘。亀山上皇の妃昭訓門院(西園寺実兼の娘)につかえる。西園寺実衡(さねひら)と結婚し公宗(きんむね)を生む。歌は「続(しょく)千載和歌集」などに40首おさめられている。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

昭訓門院春日の関連キーワード宦官バナー広告粒度階区分有村こはるHST急行列車造幣局北海道大学メトン周期小線源治療

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone