コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

昼鳶 ヒルトビ

デジタル大辞泉の解説

ひる‐とび【昼×鳶】

ひるとんび」に同じ。
「―とて透き間を窺ふ盗賊通ひ合はせ」〈浮・諸芸独自慢・五〉

ひる‐とんび【昼×鳶】

昼間、人家などに忍び込むこそどろ。ひるとび。
「この―めえ、何をするのだ」〈人・梅児誉美・四〉
掏摸(すり)のこと。
「わりゃあ―か、懐めがけて引っさらふ」〈伎・霊験曽我籬〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひるとんび【昼鳶】

昼間、人家にしのび入り、金品をぬすむ者。ひるとび。
掏摸すりのこと。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

昼鳶の関連キーワードとんび人家金品

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android