コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

昼鳶 ヒルトビ

デジタル大辞泉の解説

ひる‐とび【昼×鳶】

ひるとんび」に同じ。
「―とて透き間を窺ふ盗賊通ひ合はせ」〈浮・諸芸独自慢・五〉

ひる‐とんび【昼×鳶】

昼間、人家などに忍び込むこそどろ。ひるとび。
「この―めえ、何をするのだ」〈人・梅児誉美・四〉
掏摸(すり)のこと。
「わりゃあ―か、懐めがけて引っさらふ」〈伎・霊験曽我籬〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひるとんび【昼鳶】

昼間、人家にしのび入り、金品をぬすむ者。ひるとび。
掏摸すりのこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

昼鳶の関連キーワードとんび人家金品

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android