コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

時間差攻撃 じかんさこうげき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

時間差攻撃
じかんさこうげき

バレーボールの戦術の一つ。おとり役のアタッカージャンプして打つとみせかけて相手ブロック陣の注意をそらせ,そのすきに別のアタッカーが攻撃をする。 1972年のミュンヘン・オリンピック競技大会に向けて,バレーボール日本男子チームが考案した。トスのコースや実際のアタッカーとおとり役の位置,タイミングなどの違いによって多彩な組み合わせがある。おとり役と実際のアタック役を1人で行なう場合は,「一人時間差」という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じかんさ‐こうげき【時間差攻撃】

バレーボールで、スパイクを打つとみせかけて相手のブロッキングのタイミングを外し、そのすきにスパイクを打ち込む戦法。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じかんさこうげき【時間差攻撃】

バレーボールで、上げたトスに対してフェイントのジャンプをするなど、相手のブロックのタイミングをはずしてスパイクを打つ攻撃法。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

時間差攻撃の関連キーワードバレーボールの用語フェイント高橋みゆき松平康隆

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

時間差攻撃の関連情報