時間差攻撃(読み)じかんさこうげき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バレーボール戦術の一つ。おとり役のアタッカーがジャンプして打つとみせかけて相手ブロック陣の注意をそらせ,そのすきに別のアタッカーが攻撃をする。 1972年のミュンヘン・オリンピック競技大会に向けて,バレーボール日本男子チームが考案した。トスのコースや実際のアタッカーとおとり役の位置タイミングなどの違いによって多彩な組み合わせがある。おとり役と実際のアタック役を1人で行なう場合は,「一人時間差」という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 バレーボールで、相手側にボールを打ち返すとき、攻撃のタイミングを巧みに変化させ、相手側の守備を混乱させる方法。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

マラドーナ

[生]1960.10.30. ブエノスアイレスアルゼンチンのサッカー選手。アルゼンチンリーグ 1部に史上最年少の 15歳でデビュー。代表チームにも 16歳4ヵ月の最年少デビューを果たした。1979年,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

時間差攻撃の関連情報