コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

晨星 シンセイ

デジタル大辞泉の解説

しん‐せい【×晨星】

明け方の空に残る星。
1がまばらであるところから》物事のまばらなこと、少ししかないことのたとえ。
「本当に財産を拵えた人は、―寥々(りょうりょう)さ」〈鴎外・鼠坂〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しんせい【晨星】

明け方の星。夜明けの空に残る星。
〔明け方の空に残る星がまばらなことから〕 物の少ないたとえ。物事のまばらなさま。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

晨星の関連情報