コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

晩腐病 おそぐされびょう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

晩腐病
おそぐされびょう

ブドウの果実に発生する病気で、カビの一種であるグロメレラ・シンギュラタGlomerella cingulataの寄生によっておこる。果実に黒褐色の斑点(はんてん)ができ、しだいに拡大して全体が腐る。のちに病斑上に黒点および淡紅色の粘質物(分生胞子の塊)を生ずる。被害果は落果し、あるいはミイラ状になって果軸に残る。また輸送中の腐敗の原因になる。収穫期に雨の多い日本では重要な病気で、キャプタン剤および有機硫黄(いおう)剤を散布して防ぐ。なお、この菌はリンゴ、ナシなど他の果実類を侵し炭疽(たんそ)病をおこす。[梶原敏宏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の晩腐病の言及

【炭疽病】より

…よく知られたものに,スイカ,インゲン,タマネギ,カキ,ブドウなどの炭疽病がある。ブドウの炭疽病は晩腐(おそぐされ∥ばんぷ)病と呼ばれる。これらの植物ではとくに果実,鱗茎の被害が大きい。…

【炭疽病】より

…よく知られたものに,スイカ,インゲン,タマネギ,カキ,ブドウなどの炭疽病がある。ブドウの炭疽病は晩腐(おそぐされ∥ばんぷ)病と呼ばれる。これらの植物ではとくに果実,鱗茎の被害が大きい。…

※「晩腐病」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android