コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

普通薬 ふつうやくcommon drugs

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

普通薬
ふつうやく
common drugs

薬事法では,厚生大臣の指定する毒薬劇薬以外の,使用を許可されている医薬品をいう。経口致死量が 300 mg/kg (体重) 以上のもので,急性毒性が弱いものが多い。通常これらは毒薬や劇薬のような取扱い上の注意を要しないので,一般の人が薬局で特別の手続を必要としないで買い求められる。ただし,病原菌に耐性をつくりやすいもの,強い副作用があるもの,習慣性があるもの,として厚生大臣が指定した薬は,医師の処方箋などがないと購入できない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ふつうやく【普通薬】

医薬品のうち、薬事法で定める毒劇薬以外のもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

普通薬の関連キーワード塩酸エフェドリン散剤

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android