コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

晴雨計 セイウケイ

4件 の用語解説(晴雨計の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せいう‐けい【晴雨計】

気圧計のこと。気圧が天気の指標となるところからいう。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

せいうけい【晴雨計】

気象観測用の気圧計の通称。気圧の変化は天気と密接な関係があることからいう。晴雨儀。バロメーター。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の晴雨計の言及

【気圧計】より

…気圧を測定する器械で,英語ではバロメーターbarometerという。気圧の変化と天候は関連が深く,晴雨計と呼ばれたこともあった。〈気圧〉はわれわれを取り囲んでいる大気がおよぼす自然の圧力で,その場所から大気の上限まで延びている単位面積当りの鉛直な気柱の重量に等しい。…

※「晴雨計」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

晴雨計の関連情報