コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寒暖計 カンダンケイ

4件 の用語解説(寒暖計の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かんだん‐けい【寒暖計】

人間の感じる範囲内の気温を測る温度計。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

寒暖計【かんだんけい】

温度計

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

かんだんけい【寒暖計】

温度計のうち、人間の感じる寒暖の範囲内の温度を測定するように目盛りを設定したもの。気温計。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

寒暖計
かんだんけい

一般に室温、外気温などの寒さ・暖かさを測る温度計をいう。したがって温度測定の範囲は、マイナス40℃からプラス40℃の間と考えてよい。このような目的に使われるのは、一般に水銀温度計(水銀の融点がマイナス38.87℃であるため、これ以下では使えない)や、液体温度計(灯油を赤く染めて封入した温度計)である。このほかにバイメタルの伸び・縮みを利用して指針で温度を示すもの、また室内インテリアとして液晶温度計、サーモカラー温度計などがある。これらのうちで、マイナス40℃の低温まで確実に働くのはバイメタル温度計である。[渡辺 昂]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の寒暖計の言及

【温度計】より

温度を測るための計器の総称。寒暖計ともいう。考案されてから3世紀ほどを経過したにすぎないが,逐次に多様化され,学術,産業その他の諸分野にわたりさまざまな形で活用されている。…

※「寒暖計」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

寒暖計の関連キーワードケルビン温度差圧計バイメタル温度計湯の華サッカリメーター晴雨計ダイナモメーター外為会計カロリーメーター電熱温床

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

寒暖計の関連情報