コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

智山派 チザンハ

大辞林 第三版の解説

ちざんは【智山派】

新義真言宗の一派。京都の智積ちしやく院が総本山。一六世紀末から一七世紀初頭にかけて、玄宥げんゆうによって成立した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の智山派の言及

【声明】より

…真言声明は寛朝(かんちよう)により大成するが,その後分派対立し,平安末には4流派に整理統合され,その中の1流派が南山進(なんざんしん)流として高野山を中心に今日まで伝承されている。また江戸時代初頭には南山進流の系統から分かれた智山(ちざん)派,豊山(ぶざん)派の両派が成立し,それぞれ京都の智積(ちしやく)院,奈良の長谷(はせ)寺を中心に伝統を伝えている。天台声明はやはり円仁以来分派していたが,良忍がこれらを統一して大成した。…

【根来寺】より

…ことに僧兵を擁して威勢強く,近隣の戦国大名とも戦ったが,1585年(天正13)豊臣秀吉の焼討ちにあい,伽藍はほとんど壊滅した。このとき学頭の専誉(せんよ)は長谷寺に入り(豊山(ぶざん)派),玄宥(げんゆう)は京都に智積(ちしやく)院を建て(智山派),それぞれ法灯を継いだ。1623年(元和9)紀州藩主徳川頼宣(よりのぶ)は250石を寄進し,1707年(宝永4)護持院の隆光は将軍綱吉の許可を得て伽藍の修造を図り,97年(寛政9)蓮華院の法住によって大伝法堂再建意趣が作成され,1824年(文政7)完成した。…

※「智山派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

智山派の関連キーワード古懸山不動院國上寺高幡不動陸奥國分寺薬師堂成田山新勝寺薬王院温泉寺高尾山薬王院大御堂観音寺白水阿弥陀堂高幡不動尊寺山観音寺倉持 秀峰布施 浄戒上品蓮台寺六波羅蜜寺川崎大師蓮華峰寺大報恩寺新大仏寺大慈恩寺新義真言

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

智山派の関連情報