コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

智浄 ちじょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

智浄 ちじょう

?-1567 戦国時代の尼僧。
浄土宗。信濃(しなの)(長野県)善光寺大本願。永禄(えいろく)元年武田信玄によってひらかれた甲斐(かい)(山梨県)甲府善光寺開山(かいさん)となる。永禄10年死去。号は鏡空上人。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

智浄

没年:永禄10(1567)
生年:生年不詳
戦国時代の信濃(長野県)善光寺の尼。上人号を有し,鏡空上人と号した。いわゆる「大本願上人」のなかで,その存在が史料的に確認される最初の女性である。大本願とは,堂宇修造に際して勧進活動に従事する本願尼が語源だが,その住房は次第に善光寺の塔頭に成長し,戦国期には善光寺全体を統轄する地位にあった。永禄1(1558)年,武田信玄が善光寺を戦火から守るために甲斐(山梨県)に移したのに伴って,信濃を離れ,甲府善光寺の建立に尽力し,同寺で生涯を終えた。このため,甲府善光寺の開山住持ともされている。<参考文献>『甲府善光寺記録』,松平定能編『甲斐国志』,牛山佳幸「善光寺創建と善光寺信仰の発展」(『善光寺 心とかたち』)

(牛山佳幸)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

智浄の関連キーワード浄土宗尼僧

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android