暗・眩(読み)くらむ

  • くら・む
  • く・れる

精選版 日本国語大辞典の解説

[1] 〘自マ五(四)〙
① 暗くなる。
※日葡辞書(1603‐04)「Curami, u, ôda(クラム)〈訳〉暗くなる」
② (「目がくらむ」の形で) めまいがする。目先が暗くなる。見えなくなる。
※江談抄(1111頃)三「吉備目暗て、凡見此書字不見」
③ 理性を失う。好し悪しの判断力を失う。→心くらむ。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※浄瑠璃・井筒業平河内通(1720)四「色も嫉妬にまよひの煙、くらむ眼に涙の霰はらはらはら」
[2] 〘他マ下二〙 暗くする。また、わからないようにする。
※元祿版古今著聞集(1254)一六「郎等を召すに、跡をくらめて失せぬ」
[3] 〘他マ四〙 (二)に同じ。
※十訓抄(1252)四「切たるもの某とたしかにきこしめして、其郎等を召に、跡をくらみて失ぬ」
〘自ラ下一〙 く・る 〘自ラ下二〙 暗くなるの意。
① (悲しみ、怒りなどの激しい感情のために)目の前がまっくらになる。目がくらむ。
※落窪(10C後)一「いかにしなし奉り給はんとするにかあらむと思ふに、目くるる心地して」
② 涙などで目がくもって見えなくなる。目がかすむ。多く「涙にくれる」の形で用いられる。
※源氏(1001‐14頃)桐壺「雲のうへも涙にくるる秋の月いかですむらん浅茅生(あさぢふ)の宿」
③ 異常な条件のもとに置かれたために、理性的な判断を下すことができなくなる。
(イ) 悲しみや、自己の能力をこえた事態のために理性を奪われ、いたずらに思い迷う。悲しみのために理性を失う。心がくらむ。思いまどう。→くれまどう
※保元(1220頃か)下「况(いはんや)是を限り、只今計りの御名残り、行末くれたる御心、せんかたなくぞ思し召す」
(ロ) (「目がくれる」の形で) 欲望や利益のために心を奪われて、道理にはずれた判断を下す。欲や金のために目がくらむ。
※日葡辞書(1603‐04)「タカラニ メガ cururu(クルル)
④ 楽しみや希望がまったく奪われる。あじけなく灰色である。世の中が暗く、乱れる。→かきくれるくれふたがる

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android