コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曇り無し クモリナシ

デジタル大辞泉の解説

くもり‐な・し【曇り無し】

[形ク]
視界が明瞭である。空が晴れわたっている。
「日のどかに―・き空の西日になるほど」〈・常夏〉
光・色などが鮮明である。澄んでいる。
「―・き池の鏡によろづ代をすむべき影ぞしるく見えける」〈・初音〉
不正などがない。潔白である。
「心の底も―・き、月の桂の光添ふ」〈謡・玉井
物事をよく知っている。
「御才もいとはしたなうものし給へば、よろづの事―・かんめり」〈増鏡・秋のみ山〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くもりなし【曇り無し】

( 形ク )
空が晴れわたっている。雲ひとつない。 「日うららかに照りたる-・き辰時ばかりに/栄花 鳥の舞
あたりがはっきり見える。霞などがかかっていない。 「夕月夜に、海の上-・く見え渡れるも/源氏 明石
(光・色・声などが)はっきりしている。鮮明である。(鏡・水面などが)澄んでいる。 「秋の月の-・く/栄花 玉の台
服装・調度などがととのっていて、めざわりなところがない。 「髪のほど、-・く見ゆ/紫式部日記」
うしろ暗いところがない。(政治などが)公明正大である。 「われは春日の-・き身ぞ/源氏 須磨」 「 - ・きよのひかりにやかすがののおなじみちにもたづねゆくらむ/大鏡 道長
よく知っている。精通している。 「御才もいとはしたなうものし給へば、よろづの事-・かんめり/増鏡 秋のみ山

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

曇り無しの関連キーワード月の桂

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android