コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曇芳周応 どんぽう しゅうおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

曇芳周応 どんぽう-しゅうおう

?-1401 南北朝-室町時代の僧。
臨済(りんざい)宗。京都天竜寺の夢窓疎石に師事して法をつぐ。のち鎌倉にまねかれ,寿福寺,円覚(えんがく)寺,建長寺住持となる。南宋(なんそう)(中国)の牧谿(もつけい)の画風をまなび,花鳥竹石をえがいた。応永8年9月7日死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android