曲撥(読み)キョクバチ

大辞林 第三版の解説

きょくばち【曲撥】

撥で、太鼓の曲打ちまたは三味線の曲弾きをすること。
歌舞伎の下座音楽の一。曲芸の伴奏を取り入れたもの。太鼓・大太鼓の音をおさえて篠笛しのぶえを繰り返して吹く。「助六」の引っ込みなどに使う。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きょく‐ばち【曲撥】

〘名〙
① 曲打ちのばち。また、ばちによる曲芸。
※狂歌・銀葉夷歌集(1679)三「面白や拍子を取て曲はちにしころころころ擣衣かな」
歌舞伎下座音楽の一つ。もと曲芸の伴奏として使った鳴物(なりもの)を利用したもの。太鼓、大太鼓の音をおさえ、篠笛だけをピイピイと繰り返す。多く幕切れに用い、現在では「助六」の引っ込みに使うのが著名である。
※歌舞伎・阿国御前化粧鏡(1809)序幕「面白きタテ、さまざまあって、『ドッコイ』ととまる。曲撥(キョクバチ)にて、道具ぶん廻す」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android