コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

更正登記 こうせいとうき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

更正登記
こうせいとうき

登記を完了したのちに,その登記事項に錯誤または遺漏があった場合に,当該登記事項を訂正する登記(不動産登記法2条16号,商業登記法132~133)。不動産登記においては,各種の更正登記の手続きは,それぞれを扱う規定において定められる(不動産登記法33,38,67条)。商業登記においては,登記に錯誤または遺漏があるときは,当事者はその登記の更正を申請することができる(商業登記法132)。また,その錯誤または遺漏が登記官の過誤によるものであるときは,登記官は遅滞なく監督法務局または地方法務局の長の許可を得て登記の更正をしなければならないとしている(133条)。(→変更登記

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こうせい‐とうき〔カウセイ‐〕【更正登記】

登記に記載漏れや誤りのある場合に、それを訂正する登記。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうせいとうき【更正登記】

既になされた登記に錯誤または遺漏のあるとき、これを訂正する登記。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

更正登記
こうせいとうき

登記簿上の坪数地番などの記載事項に誤りや脱落を発見したときに、これを訂正する登記。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

更正登記の関連キーワード記入登記付記登記

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android