コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

商業登記 しょうぎょうとうき commercial registration

6件 の用語解説(商業登記の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

商業登記
しょうぎょうとうき
commercial registration

商法および会社法の規定によって登記すべき事項を,商業登記法商業登記規則に定める手続きに従い,原則として当事者の申請により,その営業所所在地を管轄する登記所に備えた商業登記簿(商業登記法6)に登記すること(商法8,会社法907)。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しょうぎょう‐とうき〔シヤウゲフ‐〕【商業登記】

商法および会社法の規定により、商人の営業に関する一定の事項を登記所の商業登記簿に登記すること。また、その登記。商号・支配人合名会社株式会社外国会社など9種の商業登記簿がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

商業登記【しょうぎょうとうき】

商法の規定に基づき,商人の営業に関する一定の事項を商業登記簿に登記すること(商法8条以下)。登記事項商号支配人の選任・解任など。手続の細目は商業登記法(1963年)などによる。
→関連項目小商人登記

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しょうぎょうとうき【商業登記】

商人の営業上の一定の事項を,商業登記簿に記載することにより,一般公衆に対し取引上重要な事項を公示することを目的とする登記制度の一種。この公示制度は一般公衆および商人自身双方に役だつ。商人と取引する者にとっては,相手方たる商人についていちいち調査しなくても確実な情報をえることができ,不測の損害を回避できる。他方,商人にとって営業上の機密を害しない範囲で公示をすることは,自己の信用維持に有用であるばかりでなく,いったん公示した事項については,取引相手方は当然それを知りえたものとして取り扱われることになるからである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しょうぎょうとうき【商業登記】

商法・会社法上、商人や会社の営業上特に重要な事項を登記簿に記載して公示することにより、事業活動の安全と円滑を図ることを目的とする制度。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

商業登記
しょうぎょうとうき

商法および会社法の規定に基づき、商業登記簿になす登記(商法8条以下、会社法907条以下)。商人や会社の営業(事業)に関する事項を公示することによって、取引の安全に資し、第三者の利益を保護し、あわせて商人や会社の社会的信用を維持することを目的とした制度である。その手続は、商業登記法(昭和38年法律125号、平成17年法律87号による改正)、商業登記規則などによる。法定の登記事項が生ずると、原則として当事者の申請により、法定の書面の方式にのっとって、管轄登記所で行われる。管轄登記所は、当事者の営業所を管轄する法務局地方法務局またはこれらの支局・出張所である。商業登記簿には、商号登記簿、未成年者登記簿、後見人登記簿、支配人登記簿のほか、会社の種類に応じて株式・合名・合資・合同各会社登記簿、外国会社登記簿の九つがある。登記すべき事項は、登記の後でなければ、善意の第三者に対抗できないが、登記後は正当な事由によってそれを知らなかった者を除き、善意の第三者にも対抗できる(商法9条、会社法908条)。[戸田修三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

商業登記の関連キーワード小商人船舶登録登記登記所登記法商業登記簿登記印紙商業登記法中央商業登記簿登記簿謄本

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

商業登記の関連情報