書(き)及ぶ(読み)カキオヨブ

デジタル大辞泉の解説

かき‐およ・ぶ【書(き)及ぶ】

[動バ五(四)]
書き進めてある段階にまで内容が及ぶ。「内部事情にまで―・んだ詳細な報告書」
絵や文章にかいて、存分に表現する。うまく描き出す。
「心の至り少なからむ絵師は―・ぶまじと見ゆ」〈・明石〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android