コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

書紀集解 しょきしっかい

世界大百科事典 第2版の解説

しょきしっかい【書紀集解】

日本書紀》の江戸時代における代表的注釈書の一つ。尾張藩士の河村秀根(ひでね)とその2子,殷根(しげね),益根(ますね)の共著。1785年(天明5)から約20年かかって刊行。31巻20冊。《日本書紀》は古来の伝承をそのまま漢文にしたのではなく,中国の古典や仏典の文章を利用したとして,多数の出典を挙示した。今日ではそれらの大半が原典の直接利用でなく,《芸文類聚(げいもんるいじゆう)》のような類書からの孫引きであることが判明しているが,最初の本格的な出典研究である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の書紀集解の言及

【河村秀根】より

…藩主徳川宗春に出仕のかたわら,兄秀穎(ひでかい)とともに神道・国学を学び,《日本書紀》などの古典を研究,また稲葉通邦らと律令講読会を組織。代表的著書《書紀集解(しつかい)》は秀穎と子益根(ますね)の協力により,没後に完成。ほかに《続日本紀集解》以下の六国史の注釈,《神祇令集解》などがある。…

※「書紀集解」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

書紀集解の関連キーワード河村秀穎河村殷根

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android