コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

書紀集解 しょきしっかい

1件 の用語解説(書紀集解の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しょきしっかい【書紀集解】

日本書紀》の江戸時代における代表的注釈書の一つ。尾張藩士の河村秀根(ひでね)とその2子,殷根(しげね),益根(ますね)の共著。1785年(天明5)から約20年かかって刊行。31巻20冊。《日本書紀》は古来の伝承をそのまま漢文にしたのではなく,中国の古典や仏典の文章を利用したとして,多数の出典を挙示した。今日ではそれらの大半が原典の直接利用でなく,《芸文類聚(げいもんるいじゆう)》のような類書からの孫引きであることが判明しているが,最初の本格的な出典研究である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の書紀集解の言及

【河村秀根】より

…藩主徳川宗春に出仕のかたわら,兄秀穎(ひでかい)とともに神道・国学を学び,《日本書紀》などの古典を研究,また稲葉通邦らと律令講読会を組織。代表的著書《書紀集解(しつかい)》は秀穎と子益根(ますね)の協力により,没後に完成。ほかに《続日本紀集解》以下の六国史の注釈,《神祇令集解》などがある。…

※「書紀集解」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

書紀集解の関連キーワード卜部兼方陣屋日本書紀稜威道別古方家書紀日本書紀通釈日本書紀通証三部本書フル代表

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone