コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曹白魚 ヒラ

デジタル大辞泉の解説

ひら【曹魚】

ニシン科の海水魚全長約50センチ。体高が高く、側扁し、しりびれの基底が長い。背側は暗青色、腹側は銀白色。九州以南に産する。中国では曹白魚(ツァオパイユイ)・鰳魚(ローユイ)と称し、塩漬け干物にして賞味する。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひら【曹白魚】

ニシン目の海魚。全長約40センチメートル。体形・体色はややニシンに似るが、著しく側扁する。背面は直線状で尻びれの基底が長い。食用。中国では塩漬けや干物とする。南日本からインド洋にかけて分布。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

曹白魚 (ヒラ)

学名:Ilisha elongata
動物。ニシン科の海水魚

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

曹白魚の関連キーワードインド洋南日本体色海魚ヒラ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android