コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曽禰好忠 ソネノヨシタダ

デジタル大辞泉の解説

そね‐の‐よしただ【曽禰好忠】

平安中期の歌人。丹後掾(たんごのじょう)であったところから、曽丹後・曽丹といわれた。当時の貴族歌壇から排斥された自由清新な歌風は、後世になって評価された。家集に「曽丹集」がある。生没年未詳。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

曽禰好忠
そねのよしただ

生没年未詳。平安前期の歌人。延長(えんちょう)(923~931)初年ごろの出生。中古三十六歌仙の1人。初めは丹後掾(たんごのじょう)であったので、曽丹後(そたんご)、それが略されて通称曽丹といわれた。985年(寛和1)2月13日円融(えんゆう)院の子(ね)の日の御遊びに招かれもしないのに出席し、追い出されたという話(今昔物語)は有名。1003年(長保5)「道長歌合(うたあわせ)」の歌があるから、長保(ちょうほう)ごろまで生存していたらしい。源順(したごう)、大中臣能宣(おおなかとみのよしのぶ)、源重之(しげゆき)、恵慶(えぎょう)などと親交があり、歌人としての力量は認められながら社会的には不遇であった。家集に『曽丹集』がある。その序によると、本来宮仕えの希望があったが、志を達することができず、不遇の寂しさから歌を詠み、後世に残そうとした。歌は叙景歌に優れ、題材、用語も豊富で、歌風は自由奔放で新鮮な感じがし、後の源俊頼(としより)に継承された。勅撰(ちょくせん)所載歌は『拾遺集』以下94首。[島田良二]
 由良(ゆら)のとを渡る舟人(ふなびと)かぢを絶えゆくへも知らぬ恋のみちかな
『窪田敏夫著『王朝和歌史論』(1969・角川書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

曽禰好忠の関連キーワード中古三十六歌仙曽丹集・曾丹集小倉百人一首夫木和歌抄百首歌源重之