コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曽禰好忠 ソネノヨシタダ

2件 の用語解説(曽禰好忠の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

そね‐の‐よしただ【曽禰好忠】

平安中期の歌人。丹後掾(たんごのじょう)であったところから、曽丹後・曽丹といわれた。当時の貴族歌壇から排斥された自由清新な歌風は、後世になって評価された。家集に「曽丹集」がある。生没年未詳。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

曽禰好忠
そねのよしただ

生没年未詳。平安前期の歌人。延長(えんちょう)(923~931)初年ごろの出生。中古三十六歌仙の1人。初めは丹後掾(たんごのじょう)であったので、曽丹後(そたんご)、それが略されて通称曽丹といわれた。985年(寛和1)2月13日円融(えんゆう)院の子(ね)の日の御遊びに招かれもしないのに出席し、追い出されたという話(今昔物語)は有名。1003年(長保5)「道長歌合(うたあわせ)」の歌があるから、長保(ちょうほう)ごろまで生存していたらしい。源順(したごう)、大中臣能宣(おおなかとみのよしのぶ)、源重之(しげゆき)、恵慶(えぎょう)などと親交があり、歌人としての力量は認められながら社会的には不遇であった。家集に『曽丹集』がある。その序によると、本来宮仕えの希望があったが、志を達することができず、不遇の寂しさから歌を詠み、後世に残そうとした。歌は叙景歌に優れ、題材、用語も豊富で、歌風は自由奔放で新鮮な感じがし、後の源俊頼(としより)に継承された。勅撰(ちょくせん)所載歌は『拾遺集』以下94首。[島田良二]
 由良(ゆら)のとを渡る舟人(ふなびと)かぢを絶えゆくへも知らぬ恋のみちかな
『窪田敏夫著『王朝和歌史論』(1969・角川書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

曽禰好忠の関連キーワード杉山丹後掾丹後丹後局宮古路豊後掾明石越後掾岡島吉左衛門岸沢三五郎天下一平左衛門豊竹丹後少掾(2代)都越後掾

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone