コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曾谷伯庵 そだに はくあん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

曾谷伯庵 そだに-はくあん

1598-1652 江戸時代前期の医師。
慶長3年生まれ。曾谷宗祐(そうゆう)の子。徳川将軍家の侍医。寛永8年父の跡をついで西の丸につとめる。15年法眼。16年京都にゆき後水尾(ごみずのお)上皇の病気を治療する。18年徳川家綱の皮膚病をなおした。慶安5年2月17日死去。55歳。名は慶伝。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

曾谷伯庵の関連キーワード曾谷慶伝

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android