コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

最仁法親王 さいにんほうしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

最仁法親王 さいにんほうしんのう

1231-1295 鎌倉時代,土御門(つちみかど)天皇の皇子。
寛喜(かんぎ)3年生まれ。寛元元年出家し,尊覚法親王に師事。梶井門跡(もんぜき)をつぎ,弘長(こうちょう)3年天台座主に任じられた。永仁(えいにん)3年2月22日死去。65歳。通称は中山宮。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

最仁法親王の関連キーワード鎌倉時代土御門寛喜

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android