コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

最仙 さいせん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

最仙 さいせん

?-? 奈良-平安時代前期の僧。
天台宗。最澄の弟子ともいわれる。常陸(ひたち)(茨城県)で国分寺僧尼を管理し,経典を講義する講師(こうじ)に任じられる。延暦(えんりゃく)元年(782)同国行方(なめかた)郡に西蓮(さいれん)寺を建立。寺院の修造,架橋,病人の救護などの社会事業につくしたので,悲増(ひぞう)大士とよばれた。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

最仙の関連キーワード天台宗西蓮寺

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android