コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

最古の神像 さいこのしんぞう

1件 の用語解説(最古の神像の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

最古の神像

島根県出雲市の青木遺跡から2003年10月、8世紀末〜10世紀(奈良時代後半〜平安時代初め)の社殿らしい高床式建物跡と共に木製の神像が発見された。高さ13.5cmで、冠をかぶり、笏(しゃく)を持った役人のような姿で、出土品としては最古。出雲大社の8km東で、これまでに同時期の墨書土器、木簡、絵馬なども大量に見つかっている。

(天野幸弘 朝日新聞記者 / 今井邦彦 朝日新聞記者 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

最古の神像の関連キーワード出雲市出雲出雲大社教日御碕島根医科大学田和山(たわやま)遺跡島根の青銅器遺跡地帯島根・山持(ざんもち)遺跡加藤義成

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

最古の神像の関連情報