コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

最大仕事の原理 さいだいしごとのげんり principle of maximum work

2件 の用語解説(最大仕事の原理の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

最大仕事の原理
さいだいしごとのげんり
principle of maximum work

互いに熱平衡にはない物体の集りの間で起りうる過程において,外部になされる仕事はその過程が可逆的である場合に最大になるという熱力学の1つの結論。原理という語感から熱力学の法則の前提のように思われるかもしれないが,熱力学第二法則から導かれるものである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

法則の辞典の解説

最大仕事の原理【principle of maximum work】

物理系をある一定条件下で一つの熱平衡状態から別の熱平衡状態へと変えるとき,外部へ取り出しうる仕事は,状態変化が可逆的な場合に最大となる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

最大仕事の原理の関連キーワード磁気緩和熱平衡放射平衡互いに素御互いに熱平衡の法則熱力学の第零法則プレヴォの法則(熱交換)熱平衡状態熱平衡プラズマ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone