コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

最雲法親王 さいうんほうしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

最雲法親王 さいうんほうしんのう

1104-1162 平安時代後期,堀河天皇の皇子。
長治(ちょうじ)元年生まれ。元永2年比叡(ひえい)山の仁豪(にんごう)について出家,保安(ほうあん)4年仁実(にんじつ)に灌頂(かんじょう)をうける。天治(てんじ)元年法性寺座主(ざす)。久寿3年天台座主。保元(ほうげん)3年天台宗ではじめて法親王となった。応保2年2月16日死去。59歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

最雲法親王の関連キーワード堀河天皇三千院顕真明雲

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android